トランスリミット創業記.author = 高場大樹

株式会社トランスリミットの代表取締役によるスタートアップ創業期

2015年総括

すっかり年の瀬になってしまいました。2015年は月に1本くらいのブログを書こうと目標にしていましたが、4月に書いたきり更新が滞っておりました。

2015年も本日で終わりということで、例のごとく2015年総括をしたいと思います。

2つめのサービス「Brain Dots」もヒット

2015年7月6日に当社から2本目となるアプリ「Brain Dots」をリリースしました。リリースから僅か1週間で100万ダウンロード、1ヶ月で1000万ダウンロードを突破するという爆速ダウンロードとなりました。当初の異常なスピードからは落ち着きますが、現在でも数字を着実に伸ばしており、2000万ダウンロード超、海外ユーザ比率が95%のタイトルとなっております。12月にはAppleとGoogleからベストアプリとして選定いただき、国内外のストアでBrain Dotsをオススメしていただいております。

1000万ダウンロード超、海外ユーザ比率が95%を誇る「Brain Wars」に続く2作目ということで、非常にプレッシャーがありましたが、本作も非常に海外ユーザからの反応がよく、ダウンロード数も前作を超えることができ、順当に成長しているといえるような成果を作ることができました。

世界を舞台にしているからには2000万ダウンロードとかではなく、1億、2億といった億単位利用されるようなアプリを目指さなくてはなりません。まだまだその境地に行くには力不足だなと感じる面が多々あります。

組織規模が大きくなることによる期待と不安

ちょうど1年前は10名程度でしたが、現在は25名ほどの組織となりました。

初期開発で言うならば、Brain Warsは4名で作り、Brain Dotsは12名程度で作ったので、25名もいる来年なら、単純に考えても前作よりも大きなサービスを作れるはずです。ようやく組織規模がそこそこになってきて、大きなチャレンジができる段階へとなってきた気がしています。これまではウォーミングアップ、これからが本番だと思っています。

ただ、組織がそこそこに大きくなったことによって、成長に対する意識の差を感じるようになってきました。数名の時は自分たちがやるしかない、みんなと距離が近いため言わなくても分かるといった状態で、ほぼ全員が上昇志向でしたが、人数が増えるとそうもいかないなと。組織あるあるなので、遂にそのフェーズに突入したかという感じです。

組織が拡大するほどコミュニケーションの頻度や機会は減ってしまうものなので、仕組みで解決をするのか、古株や大人がフォローアップするのか、潤滑剤となるような存在が重要になってきます。如何にして増加する組織をまとめ上げ、志同じくして前に進めるか、経営者としての難しさを感じる1年でした。

原宿に新オフィスを開設が決定

株式会社トランスリミット、代表取締役高場大樹

30坪ほどの部室のような渋谷オフィスから、原宿へ移転することが決まりました。新オフィスは原宿駅から徒歩4分の好立地にあり70名ほどを収容できるかなり余裕のあるオフィスです。Brain Wars、Brain Dotsに続く「世界に響くサービス」を作るために日本の常識に拘らず考え、空間美を意識したギャラリーのようなオフィスに仕上がりました。明治神宮が近いので非常に運気が良い(はず)です。この年末年始で引越しを終え、年始から原宿にて業務を開始することになっています。

もしよろしければ、観葉植物やAmazonウィッシュリストからプレゼントなど、応援を頂けますと幸いです。

■ 新住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-5 オー・アール・ディ原宿ビル2階

■ Amazonウィッシュリスト
http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/2QM3AWHABLR66/ref=topnav_lists_2

まとめ

来年もがんばりますー!メンバー募集してますー!